断熱フィルムについて

ガラスフィルムで電気代節約

【断熱ガラスフィルム】家計・電気代の節約方法としてもおすすめしたい!フィルムの種類と選び方

2021-08-22

変化が読めない時代。収入アップ・安定が難しい時代。家計を預かる方々は、できるだけ「節約」を検討されていると思います。もし、断熱ガラスフィルムを未使用なら、節約に強くおすすめしたいと思います。ただ、断熱ガラスフィルムにはさまざまな種類があり、どれを選んだらいいのか分からない人も多いと思います。それぞれの特徴を知ることで、自分の家に合った断熱ガラスフィルムを見つけることができます。そこで、本日は断熱ガラスフィルムの種類と選び方をご紹介します。

断熱ガラスフィルムとは

ガラスフィルムは、基本的にそのまま貼り付けられるように加工がしてあります。主に水で貼るタイプ、粘着剤タイプの2種類です。この2種類の特徴について、ご紹介します。

水貼りタイプの断熱ガラスフィルムの特徴

窓に水を吹きかけて接着するタイプのフィルムは、はがしたときも接着剤の跡が残らないのが特徴です。夏には貼らずに、冬だけ貼りたいという場合は、こちらのタイプがおすすめです。

デメリット

当然なのですが、ご自身で手作業で水をかけたり作業する手間がかかるのがデメリットです。また、水の量が足りないと、はがれてきてしまうこともあるようです。貼り付けが少々難しいため、きれいに貼るには技術が必要です。

粘着タイプの断熱ガラスフィルムの特徴

粘着タイプのフィルムは、作業を始めるにあたっての準備はほぼ不要なので楽です。

デメリット

接着の跡が窓に残ってしまうのがデメリットです。こちらもシワや気泡が入ったり、貼り付け直しをしようとしてシワが寄るなど扱いづらいデメリットもあります。美観という観点ですと、DIYより私どものようなプロの業者に任せるのがおすすめです。

薄手の断熱ガラスフィルムは効果が期待しにくい

断熱ガラスフィルムと名前がつけられていても、中には断熱効果が得られないものもあるようです(私どもはお客様からそのようなお声をよく聞きます)。どうしても最低限の効果をえるには「厚さ」が必要で、断熱効果がなければ節約効果も出せませんので、厚みはしっかり確認することをおすすめします。ちなみに、ガラスフィルム専門店が使用している効果の高い物だと、0.05㎜以上の厚みがあるのが、一般的です。

節約も美観も両立したいなら、プロにご相談ください。

 

いかがでしたでしょうか。プロに相談したいということであれば、ぜひ地元の業者さんにご連絡ください。大阪・神戸・名古屋で断熱ガラスフィルムを選ぶなら、株式会社リードをお選びください。正確なお見積もお電話一本で可能です。

カテゴリー: 断熱フィルムについて 

窓ガラスフィルムの施工事例

法人様からも多数ご利用いただいております

今月だけのお得なキャンペーン情報

サイトご訪問者様にこっそり教えます

格安窓ガラスフィルム施工は個人のお客様、法人のお客様、目的、用途によって工法も使用材料はさまざまです。

格安ガラスフィルム施工の匠ではお問い合わせいただきましたお客様にこっそりホームページ限定キャンペーンをお伝えしておりますので お気軽にお問い合わせください。

0120-540-774

今月のキャンペーンのお問い合わせ