飛散防止フィルムについて

【飛散防止フィルムってどれくらいの効果があるの?】万が一の災害に備え、窓ガラスの飛散防止対策についてプロに聞いてみました。

2021-10-06

あなたのご家庭の窓ガラスを一度じっくりとご覧になってください。「最近掃除してないから汚れているなぁ」とか、「あ!こんなところに傷が!」なんてことを感じましたか?まあそういったことはいいとして、あなたのお宅の窓ガラスは果たして安全だと言えますか?窓ガラスは外の熱気や冷気を遮断し、家の中を快適に守ってくれる大切な存在であり、また程よく太陽の光を取り入れて家の中を明るくしてくれる欠かせない存在でもありますね。

そんな窓ガラスですが、では万が一災害が襲ってきた場合はいかがでしょうか?
本来快適で大切な存在である窓ガラスが一瞬で凶器へと変わります。

台風や地震などの災害によって割れて飛び散った窓ガラスは大切な家具を傷付けたり、何よりもあなたのご家族の身に危険が及んでしまいます。あなたは今までにご自身の家の窓ガラスの安全性についてお考えになったことがありますか?このガラスが何かの弾みで割れた時にどれくらいの破片が飛び散るのだろうか、どれくらいの被害が出るだろうか。もしもお子さんがおられる場合はその不安も倍増することでしょう。

日本で近年発生している台風・地震の状況

ちなみに近年日本で起こっている台風や地震はどれくらいあるのでしょう。台風の場合、年間で日本に上陸した台風の数は以下の通りです。

(気象庁:2021年9月21日現在)

このように平均的に毎年5つ程度の台風が日本に上陸しています。被害の度合いは様々ですが、関西で言うと、2018年9月台風21号は甚大な被害をもたらしたということで記憶にも新しいかと思います。一方、地震については物的被害が比較的大きかったものだけを見ても・・・

(気象庁)

これだけの地震が3年間のうちに起こっています。

つまり災害大国日本ではいつ何時あなたのお住いのところに災害が訪れてもおかしくない状況なのです。自分の地域は大丈夫、うちの家は多分大丈夫、なんていう保証はどこにもありませんよね。こんな災害の多い日本で安心安全に暮らしていくためには、普段からの備えが必要です。その備えの一つに挙げられるのが、窓ガラスが割れた時の破片の飛散を防止するということです。

窓ガラスの上からフィルムを貼ることでガラスが割れた時の破片の飛び散りを防止することができます。今回はそんな窓ガラスに貼る飛散防止フィルムについてご説明します。

格安窓ガラス施工の匠をお勧めする理由

弊社、格安窓ガラス施工の匠関西一円及び東海四県に対応しており、年間400件以上の実績があります。弊社にご依頼いただくことで、高性能な商品をどこよりも安く、そして熟練した職人の手によって丁寧に美しく施工させていただきます。これにより、災害時での窓ガラス飛散の不安の大部分を取り除くことができるでしょう。

飛散防止フィルムを貼るメリット

それではこれからガラスフィルムを貼るメリットについて詳しく説明していきます。
ちなみに飛散防止フィルムというのは、窓ガラスの割れを防止するものではありません。
どんなに強化されたガラスでも絶対に割れないガラスはありません。ガラスは割れるもの、それを、大前提としてガラスの割れそのものを防ぐというよりは、割れたガラスの破片を周囲に飛散させないこと、が飛散防止フィルムのおもな目的となります。

また飛散防止フィルムを貼ることで、他の様々なメリットも期待できます。以下に飛散防止フィルムを貼るメリットをお伝えします。

①飛散防止効果

まずはその名の通り、ガラスが割れた時の飛散を防止する効果です。飛散防止フィルムはポリエステル系素材でできています。ポリエステル系素材は破れにくく、強力な粘着性を持つといった特徴があります。この性質のおかげで、ガラスが割れた時に破片がフィルムにくっついて飛び散りません。

写真のようにフィルムの強い粘着性によって割れた窓ガラスが飛び散るのを防ぎます。

②UVカット効果

そして飛散防止フィルムのもう一つの効果として挙げられるのが、UVカット機能です。一般的に窓ガラスは外から入ってくる紫外線を防止することはできません。紫外線は日焼けや皮膚の老化を引き起こすだけでなく、室内の家具や壁紙、カーペットなどの劣化や退色を招く原因となります。紫外線を防ぐためにはカーテンを閉めるといったことくらいしかできないでしょう。ですが、嬉しいことに飛散防止フィルムには紫外線を防止してくれる効果があります。フィルムを貼ることで、紫外線が多量に差し込む時間帯でも、部屋を明るく保ったまま、紫外線を防止することができます。

③結露防止効果

寒い冬になると、悩まされるのが窓の結露ですよね。結露は部屋の中の温度と外の温度に差が生じてしまうことで起こります。窓に結露ができると、カーテンが汚れてしまったり、サッシや床が汚れてしまい、その結果カビが発生してしまいます。カビが生えることで、喘息やアレルギーを誘発し、人体へ悪影響を及ぼす可能性もあります。

飛散防止フィルムを貼ることで、ガラス表面の温度が下がるのを防ぎ、結露を防止してくれます。

このように窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることで、ガラスが割れたときの破片の飛散を防止してくれるだけでなく、様々なメリットも期待できます。

ですが、ここで注意しておきたいことが、どのフィルムにもこのような機能が備わっているかというとそうではありません。ホームセンターなどで安く購入するとこれらの機能が付いていない場合や、または機能性が弱い場合が多々あります。

こういった理由からも是非、プロの施工会社から適切なアドバイスをお聞きすることをお勧めします。

弊社で取り扱う飛散防止フィルムの商品にはもちろん上記の効果が標準装備されております。また弊社は中間マージン無しでメーカーから商品を仕入れている為、どこよりもお安くご提供しております。他社よりも一円でも高い場合は遠慮なくご連絡をいただき、ご対応させていただいております。

今回の記事を読んで、少しでも興味を持たれた方は是非弊社までご相談ください。

無料でお見積り、ご提案をさせていただいております。

☏:0120-540-774

お気軽にご連絡ください!

窓ガラスフィルムの施工事例

法人様からも多数ご利用いただいております

今月だけのお得なキャンペーン情報

サイトご訪問者様にこっそり教えます

格安窓ガラスフィルム施工は個人のお客様、法人のお客様、目的、用途によって工法も使用材料はさまざまです。

格安ガラスフィルム施工の匠ではお問い合わせいただきましたお客様にこっそりホームページ限定キャンペーンをお伝えしておりますので お気軽にお問い合わせください。

0120-540-774

今月のキャンペーンのお問い合わせ